Top >  精神科学書 >  精神力動的精神医学

精神力動的精神医学

精神力動的精神医学  −その臨床実践〔DSM-W版〕−
 B 臨床編 : U軸障害

G・Oギャバード 著
舘 哲郎  監訳

岩崎学術出版社

力動精神医学を学ぶ際 読んでおきたい本。
DSMの第U軸 つまり人格障害への力動的なアプローチが論じてある。

精神科学書

おすすめの精神科学を学べる本の紹介です。

関連エントリー

抗精神病薬の「身体副作用」がわかる―The Third Disease |長嶺 敬彦 臨床脳波学 精神力動的精神医学 精神科診断面接のコツ  精神科療法面接のコツ  思春期のこころ 眠りの悩みが消える本 軽症うつ病 「ゆううつ」の精神病理 睡眠の生理と臨床―健康を育む「ねむり」の科学 睡眠学ハンドブック 精神医学入門 対談 初期分裂病を語る 子どもへのまなざし 新訂 方法としての面接  臨床家のために


追加

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方・プチ認知療法

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

  • seo

楽天ウェブサービスセンター
このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています。